あなたは今、どんなことで悩んでいますか。

<赤面症などの悩みの原因と改善について>

人間関係の悩みの原因となっている対人恐怖症の症状には下記のようなものがあります。

1.人前で顔が赤くなってしまうことですか (赤面症)
2.人と話をする時に目のやり場に困ってしまうことですか (正視恐怖)
3.人前で緊張し言葉が出なくなってしまうことですか (対人緊張)
4.人前でコップを持つ手が震えてしまうことですか (震え恐怖)
5.大勢の人前で話をする時に足が震えてしまうことですか
6.自分が人より劣っているように感じ、劣等感を持ってしまうことですか
7.人前で字を書く時、手が震えてしまうことですか (書痙)
8.自分の表情が原因で人に不快感を与えていると感じることですか
9.人前で汗が出てしまい、これを人が変に思っていると感じることですか 多汗症
10.他人に危害を加えるのではないかという不安ですか (危害恐怖)
11.他人となじめず孤立してしまうことですか (人見知り)
12.人の視線が気になりぎこちなくなってしまうことですか (視線恐怖)
13.小心で内向的な自分の性格についてですか
14.口臭など自分の臭いの悩みを持っていることですか (自己臭恐怖)
15.脇の臭いで人に嫌がられていると感じることですか (ワキガ)

上記の赤面症や臭いの悩み等は、対人恐怖症や、あがり症、社会恐怖、社会不安障害などと言われる、神経症(不安障害)が原因で起こる場合が多いのです。
そして、神経症が原因になっている場合は森田療法の学習により改善が可能なのです。
神経症が原因になっているかどうかは、あなたが神経質性格を持っているかどうかで判断できます。
つまり、心配性や内向的、負けず嫌いといった神経質性格の特徴を持ち、かつ、上に書かせていただいたような症状がある場合は神経症が原因になっていると言えるのです。
そして、この場合は、森田療法の学習をしていく中で、赤面症や臭いの悩み等の症状を「あるがまま」に受け入れることが出来るようになると、この結果として症状が改善してくるものなのです。
ですから、薬を飲んだりしなくても、充分、治していける症状だと言って良いと思います。

 

トップページ   次ページへ